ヒプノセラピーで体験する奇跡の旅!

三つ子の魂百まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは~、ヒプノセラピストのよしみです。

ホームページの年齢退行で、三つ子の魂百までについて少し触れたので、今日は、少し書いてみたいと思います。0~5歳くらいまでに人間形成がされていると考えられています。特に人の成長は、3歳までが急成長しています。
赤ちゃんは無意識で行動しています、素直で受け入れやすい状態ですから
いろんなことを吸収して覚えますし、良いことも悪いことも真似したり、未熟な自我もでてきますよね。私の個人的な意見としては、持って生れた性格は、1歳近くよりも前の、お腹の中にいた頃から、性格の基礎はある気がします。私の長男はお腹の中にいた時ときから、よく動く子でじっとしている時が全く無くって、せっかちでした。胎動も早くからわかったし、予定日より早いし、陣痛が始まったら、あっという間に生まれちゃうし、その後の性格も身体を動かすのが好きなせっかちさん。二男は、超のんびり屋で、お腹の中にいた時の動き方もゆったりとした動きで違うし、予定日より遅いし、朝に陣痛が始まったと思ったら急に無くなったから、その後、家族で近所の神社に初詣して凧揚げしているときに、また陣痛がきて、ようやく出産。その後もマイペースの超のんびり屋。

ルーシーダットン(タイ式ヨガ)を1歳児のママさん達と、子連れで参加できるクラスを何度か開催した時にも、気前のいい子、ちびまる子ちゃんの小杉みたいに、食いしん坊な子、自分の玩具に触られるとおお泣きする子、欲張りな子、マイペースな子、みんな違っていて無意識まるだしで、おもしろいです。それが、3歳くらいまでにいろいろと学び自我をコントロールしていけるようになるんだなぁと思いました。子供は、とても素直なので、褒められると同じことを何度もしますが、もし、その時に親の反応がその度に変わると、戸惑います。いい子だね。と言われたのに、親が忙しかったり、嫌な事があった時に、親の反応が変わると、とても混乱します。そして、自分を責めてしまいます。自分が悪い子だからと思うようです。お母さんも疲れたり、気分の悪い時もあると、思いますが、せめて3歳までは自分の感情のブレは、子供にぶつけないでくださいね。3歳をすぎれば、ママは今日は元気がないとか疲れているのよ、って説明してあげれば、子供なりにも、わかってくる頃です。3歳までは、溢れる愛情を注いであげてくださいね。悪いこと良いことを、大人の気分で、褒めたり叱ったりしないでね。5歳までに受けたココロの傷が、その後におよぼすことがあることを、知っているのと、知らずにいるのでは、子育ても変わると思います。それには、両親の仲が良いことが一番ですね。ママがハッピーならば、子供も幸せです!幸せな幼少期を過ごせた人は、たとえば、津波や大地震、戦争やテロとかが、今や現実に起きていますが、その様な死に直面するような恐怖を体験しても、PTSDになる人とならない人では、幼少期の体験が影響しているみたいです。私の子育て体験を思い出してみると、生れる前から個性があるってことは、魂の生まれ変わり前世ってやはりあるんだろうなぁって、改めて思っちゃいました。

Hypnotherapy-Fata Morganaのホームページはこちら

 Hypnotherapy-Fata Morgana

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

関連記事

コメントは利用できません。