ヒプノセラピーで体験する奇跡の旅!

客家(はっか)18の教え&印僑の「ジュガール」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは~、ヒプノセラピストのよしみです。

今日は、客家18の教え&印僑のジュガールについて、簡単に書いてみます。
華僑も印僑どちらも、大富豪、ビリオネア思考のための教えですが、私たちも真似すると良いことだらけです。人生がうまくいかないと思うならば尚更このような教えを参考にすると、きっと、運がひらけるでしょう。

「18の金言」といわれる、客家の教えについて、
客家は、「東洋のユダヤ人」といわれ、華僑・中国人社会に大きな勢力を持つ集団だそうです。全華僑の10%以下なのに、華僑経済の30%以上を握って、沢山の有名な大富豪を輩出しています。たとえば、台湾の李登輝・前総裁や陳水扁・現総裁、シンガポールのリー・クァンユー、中国の鄧小平、孫文、香港の長江グループの李嘉誠、タイガーバームの胡文虎、インドネシアの林紹良などの大富豪は客家出身なのだそうです。
1、 運は親切をした相手の背中から来る
2、 許すことを知れば運命を変えられる
3、 退却は重要な才能なり
4、 何を始めるかに最も時間を費やすべし
5、 ビジネスには大義名分が必要なり
6、 準備していなかったチャンスはリスク
7、 小さい約束こそが重要
8、 家族を蔑ろにする者は成功せず
9、 お金に使われず、お金を働かせるべし
10、50人の仲間が成功の核心となる
11、金鉱ではスコップを売るべし
12、安売りには必ず終わりがやって来る
13、嫉妬は成功の敵、愛嬌は成功の素
14、物事は因数分解して考えよ
15、汗ではなく考える事こそが富を生む
16、笑顔はコストゼロの最良戦略
17、「ありがとう」は必ず声に出すべし
18、欲望に忠実になる為にこそ禁欲的に

18の教えについて、詳しくはここで、書きませんので、詳しく知りたい方は自分で調べてね。

私が特に興味を持って即、実践しようと思ったのは、
1、2、8、13、16、17です。
1(運は親切をした相手の背中から来る)
出逢に偶然は無く、頑張っている人を誰かが必ず見ていてくれます、直接に親切にした人から何か返ってくることはなくても、それを見ていた周りの友人や見ていた誰かがいて、その人間から運を与えられる。そのように、自分の運をコントロールすることも可能なのだそうです。

2(許すことを知れば運命を変えられる)
あなたの周りで起こることは、本来自分が操ることができることばかり、他人を責めても何も生まれない。すべては自分の責任である。相手を許すことで、心が開き自分の運命を変えることができる。怒りの感情は負のエネルギーしか生れませんよね。

インドにも印僑の教えがあって「ジュガール」というのがあります。
7つ鍵があります。こちらは、頭や物事をシンプルにが、基本かな?
1、少ない力で多くのものを得る
2、自分の枠を超えた発想で考え、行動する。
3、やわらか頭で考えてピンチをチャンスにする
4、シンプルに考える
5、決してあきらめない
6、自分を抑えつけない
7、セルフ・エフィカシー(自己効力感)を大事に育てていく

4、シンプルに考えるは、
たとえば、最近の日本メーカーが軒並み窮地に絶たされていますよね、
TVのリモコンを見てください、やたらとボタンが多すぎませんか?
”なにもこんなにたくさんつけなくても”というくらい、
操作ボタンがいっぱいです。
アップル社やサムスンのリモコンとってもシンプルです。
使わない、わからないボタンがたくさんあるのと、
簡単でシンプルなリモコンと、どちらが使い勝手が良いか決まってますよね。
韓国製のテレビ、サムスンがよく売れるわけですね。
日本製は、操作ボタンだけでなく不要な機能が多いです。
メーカー側は、”どうだすごいだろう”って慢心しちゃたんですね。
普段の私たちも、わざわざ難しく考えて隘路に入ることありますね
物事の核心をつかむにはシンプルに考えた方が答えがでます。

ジュガール・マインドを身につけるためのステップの一つとして、
インドは、ヨガが生れた国のメンタリティがあります。
「ポジティイブ・パラダイム」、それは「ポジティブな考え方や行動のパターン」です。
「ポジティブ・パラダイム」に入ると考え方、行動をポジティブパターンのサイクルに入れる、逆は「ネガティブ・パラダイム」です。
自分がうまくいっているときは、仕事も調子よく、いろんなことが気分よく回って、電車で席に座れなくても、運動不足だから、立っていたほうがいいことだと考えたり...なんでもポジティブに捉えることが多い。
反対に”このところうまくいかないな”というパターンのときは、身の回りに起きた出来事や現象をネガティブに捉えがちです。要するに普段からポジティブにフォーカスしていると、自分をポジティブ・パラダイムにシフトするようになり、ネガティブにフォーカスすると、ネガティブ・パラダイムにはいってしまうことになります。では、どうすればよいでしょう。ここでは、2つだけ教えます。ひとつは、情報を選ぶ。暗いニュース・話題・ネットの2ちゃんねる、など誹謗、中傷などのコメントの多いサイトは見ない。
それと、人の取捨選択。暗いものは暗いものを、明るいものは明るいものを引き寄せる=この法則は情報だけでなく、人にも当てはまります。
人はつき合っている仲間に影響されます。自分がインスパイアを受けるようなポジティブな人と積極的に交流しましょう。
(サチン・チョードーリーさんの著書からの引用)

Hypnotherapy-Fata Morganaのホームページはこちら

 Hypnotherapy-Fata Morgana
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

関連記事

コメントは利用できません。