ヒプノセラピーで体験する奇跡の旅!

下半身冷え性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは~

ヒプノセラピスト

ルーシーダットンインストラクター
よしみです。

前回、”下半身デブ”のタイトルの時に予告した、
下半身冷え性についてです。

女性に圧倒的に多いですね。
最近は男性にもいます。

原因のひとつは、
お尻のぷっくらしたお肉の下のある筋肉が
硬くなるせいです。
梨状筋(りじょうきん)といいます。
筋肉が硬くなり、坐骨神経痛が圧迫されると、
下半身の血管が細くなって血流が悪くなるからです。

原因としては、座っている時間が長いと坐骨が広がります。
私も最近は、
PCに向かう時間が長いので、自分自身もやばいです!

坐骨ってどこかわかりますか?
骨盤の一番下の部分のことです。
ここが、広がると坐骨から骨盤から
太ももの骨をつなぐ筋肉(股関節外施筋)が
伸ばされたまま硬くなります。

そして、脚の付け根が外側に張り出してしまうのです。
外側に張り出すとお尻や太ももが太く見えたり
O脚やがに股になってしまったり、
ふくらはぎまでも外側に張って
冷えやむくみが取れにくくなったりと、
とにかく美脚とは、ほど遠い脚になってしまうわけです。
(;一_一)ガーンですね!

股関節外施筋って何もの?!
股関節の安定に大切な筋肉のことなんですけど、
場所は、骨盤から大転筋(太ももの骨の一番上)
になります。
つまり、
大転筋が外側に出過ぎないようにするのが役目らしいです。
しかし、
腰を丸めて坐骨が広がるような姿勢で座り続けると
連結している、この筋肉も安定性を発揮できなくなり、
脚を正しい位置に留めておくことが出来なくなるのです。
じゃぁ、どうすれば良いのでしょうか?

解決策それは、次回のお楽しみに!

今日も、みなさまにとって良い一日でありますように!

Hypnotherapy-Fata Morganaのホームページはこちら

 

下記の記載欄で、メルマガ登録していただくと、

元気で、マイナス10歳若返えって、スリムになる方法!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

メルマガ登録された方に「健康で綺麗に痩せる方法」を

無料でお教えいたします。
登録の解除はいつでも簡単にできるので、気軽に申し込んでくださいね!

氏 名
メールアドレス

 Hypnotherapy-Fata Morgana

にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 40kg台(女)へ アメブロ
にほんブログ村

 

関連記事

コメントは利用できません。