ヒプノセラピーで体験する奇跡の旅!

胎児ってミラクル!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

みなさん、こんにちは~(*^_^*)

あなたの無限の可能性、潜在意識にアクセスを
サポートするヒプノセラピスト、よしみです。

本当に久しぶりのブログです。

下記は先日、アロエベラがいいよ!って勧めてくれた方が
借してくれた本の中の記事です。


多くの人は、胎児は母親からの栄養だけで成長していると
思っているのでしょうが、実際はそうではありません。
なぜならば、妊娠から出産までの期間は約300日。
しかし、胎児というのはその間に、およそ30億年の人間の
進化を再現しているのです。30億年ですよ。
それだけの壮大な進化の歴史が、たった10カ月に集約されて
いると想像してみてください。胎児は、たった1日で
1000万年分もの進化を演じているわけです。
それだけのエネルギーが、母親の昨日食べたイタリアンや
フレンチのカロリー計算なんかで換算できるエネルギーでは
ありませんよ。胎児というのは母親や私たちの時計とは
まったく違う時間軸で動いているのです。
1日1000万年分の活劇には天文学的に膨大なエネルギーが
必要でしょう。それこそ、宇宙レベルのエネルギーを注ぎ込まなくては
いけないわけです。

そのエネルギーこそが、先ほどから申し上げている
「氣」なのです。
私は昔、医師として患者さんの切迫流産の現場に立ち会ったことが
あります。するとそこで見た胎児の姿に、もの凄い衝撃を受けました。
もちろんそれまでも教科書の写真ではその月齢の胎児の姿を見たことは
ありました。

しかし、実物というのは写真とは大違い。
本当に魚のような鰓(えら)があったのです。ああ、自分もおお昔に
魚だった時代があったのかと、不思議な感覚を覚えました。
母親の胎盤で作られた栄養も、胎児はもちろんもらっています。
しかし、へその緒は最初のうちは大部分が経絡組織でできています。
先ほどの説明からもわかる通り、妊婦の月数によっても比率は変わって
きますが、胎盤で造血せれて、血管内に入ってくる血液だけで胎児が
成長していると考えるには無理があります。
へその緒を走行する経絡管は、氣を通す大役を担っています。
そうとでも考えない限り、1日1000万年の進化が母親のお腹の中で
行われているということの説明がつかないのです。しかも胎児は、
物を食べない断食状態で、母親の羊水の中で過ごしています。
生命体の発生も原始海洋で、進化の大半も海の中でやってきました。
だから「塩の処理」は得意中の得意。玄米菜食者は1日15~20g程度
の適塩が良い。減(無)塩は無力症と短命を招くのです。

[「なぜ、アロエベラで育った子どもは奇蹟をおこすのか?」
著者:高沼道子・森下敬一]


と、まあいうことです。
胎児って本当に凄いですね。ミラクルでしょう!!

私たちも、お腹の中にいた頃は、そんな凄い進化を
していたんだね!

今、私が教えているヨガサロンの鎌倉七里ガ浜と鵠沼海岸は両方とも
30代の先生が多く、オーナーからインストラクタ―が妊娠ラッシュなんです。
今年、出産された方を含めて、6人?いるのかなぁ

みんな元気に育ってね~~(*^_^*)

それでは、

今日もあなたにとって良い一日でありますように!

Hypnotherapy-Fata Morganaのホームページはこちら

Hypnotherapy-Fata Morgana

下記の記載欄で、メルマガ登録していただくと、

元気で、マイナス10歳若返えって、スリムになる方法!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

メルマガ登録された方に「健康で綺麗に痩せる方法」を

無料でお教えいたします。
登録の解除はいつでも簡単にできるので、気軽に申し込んでくださいね!

 

 

氏 名
メールアドレス

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
【バイタルなび】元気と健康を応援する大人のためのポータルサイト

関連記事

コメントは利用できません。