ヒプノセラピーで体験する奇跡の旅!

ゲーム・オブ・スローンズにはまってます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは

ゲーム・オブ・スローンズこのドラマ観てる方は
たぶん皆がハマッテますよね。

スペクタルでかつファンタジーで人間味あふれる登場人物

かなりエロチックでバイオレンスなシーンも多くて
目を覆いたくなるような残虐なシーン過激なシーンもたくさんです。

登場人物も多くて主人公級な人がたくさん
なので何回か観ないと非常に解かりにくいです。

知らない方もいるかも知れませんので

そのかたは、こちら クリックしてね。

この長編ドラマもあと6回で収録するそうですね。

もしまだ観てない方初心者向けのこんなサイトがありました。

https://matome.naver.jp/odai/2148277289929245901

そして私はこのドラマを解説したいわけではなく

何が言いたいのかっていうとですね

このドラマは別に主人公が一人ではないので
最近の海外ドラマではよくあるパターンですね。

その各自からみると全てが自分が正義なわけですよ。

今のこの私たちがいる現実の世界もそうです。
各個人みんな自分が正しいと思い生きていることが
多いことと思います。

人間は、自分が正義だと思ったとき、
ものすごく残虐になれるんですね。

このドラマに出てくるスターク家は正義で
ラニスター家は悪者って印象で見ると思います。

特にアリア・スターク彼女は少女でしたが
復讐のためにどんどんと強くなり残虐になります。

でもこのドラマを見ている殆んどの人はアリアを
応援してみていると思います。

スターク家にされてきた恨みをはらしているだけと
だからアリアがどんなに残虐でも
彼女を嫌いなファンは少ないだろうなと思う。

これが現実の世界でも起こる戦争に繋がるんでしょうね。
自分たちが正義
悪いのは相手

確かに侵略して自分のものにしたがる
一方的に侵略してくる国とかありますけどね。

自分が正義だと思うから日常の些細な喧嘩が始まります。
正義だと思うので、キレてもんくを言います。
正義だと思うので相手を攻めます。
正義だと思うので怒りの気持ちが生まれます。

夫婦喧嘩でも親子喧嘩でも友人でも
お店の店員や見ず知らずの相手でも

何かに怒っている状態は
全て自分が正義だと思うからでしょう

たしかに理不尽なことがあったのかも知れません

でも100%悪い人なんてないのですよ。
そうすると自分が100%正義なわけもない。

例えば、自分の子供を叱る。
私もたくさん叱ったけど、子供が悪いかというと
そうでないよなぁと後々反省することばかりです。

夫婦喧嘩なんて先ず相手を攻めますよね?
攻められたら
「私が○○で悪かった」と反論もせずに認めてきたら
絶対に喧嘩なんかになりませんよね。
もし夫に不満があるあなた

例えば、どこにも連れていってくれないのが不満な時
その不満をぶちまけたら、夫くんは仕事で疲れてるんだと
キレるかもしれませんね。

そんな時にこう言ったらどうでしょう?
「わたしはわがままで自分勝手な嫌女だな~
あなたが仕事でとても疲れているのがわかっているのに
たまにはおしゃれして美味しいものも食べたいし
お出かけしたいなと思う自分よがりな悪いやつなんだよね。」

って自分が悪いって認める。
すると相手も「俺も悪い」って言うから

家事を手伝わない夫に不満があるって人も多いだろうね
日本人の男子は世界的にみてもやらないそうだから
そしてやたらやったで夫の家事に文句つけちゃうみたいだしね。
それ一番アカンでしょ!!
先ずは、感謝せねば、ありがとうは毎回言ってね!
言うのはタダだし

私の夫くんは料理好きだから休みの日のランチは
必ず作ってくれるし上手!!最初からではないよ
7~8年前くらいからだし、最初は3時間もかかった頃もあるし
未だに片付けはしないけどね。

完璧を望んでは駄目だよ。自分だって完璧じゃないんだから

自分が悪い、出来ない、半人前これが平和の秘訣だね。

タイトルと離れたけど、要は正義のために戦うドラマなので

但し、自分が正義だと思い込むとそこには怒りや
残虐な行動が発生しますってこと

私が悪いと認めあうと喧嘩はありませんってことです。

 

あなたは、守られています、幸せになります、元気になります。

それでは、

今日もあなたにとって良い一日でありますように!

Hypnotherapy-Fata Morganaのホームページはこちら

  Hypnotherapy-Fata Morgana

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
【バイタルなび】元気と健康を応援する大人のためのポータルサイト

関連記事

コメントは利用できません。