ヒプノセラピーで体験する奇跡の旅!

数字の単位はお経みたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

数字の単位を漢字であらわすと面白い!
まるでお経みたいや、ってことは
やっぱパワーがあるある!!

ちょっとかたくるしいけど、奥が深いって感じ。

私は読めないのがあった、ふりがなしときます。
大数だと
一、十、10の2乗は百、10の3乗は千、10の4乗は万、
10の8乗は億、10の12乗は兆、10の16乗は京けい、
10の20乗は垓がい、10の24乗は杼じょ、
10の28乗は穣じょう、10の32乗講こう、
10の36乗は澗かん、10の40乗は正せい、
10の44乗は載さい、10の48乗は極ごく、
10の52乗は恒河沙こうがしゃ、
10の56乗は僧祇あそうぎ、
10の60乗は那由他なゆた、
10の64乗は不可思議ふかしぎ、
10の68乗は無料大数むりょうたいすう。

それよ大きい数は実用のものではなく、
とてつもない大きな数で「華厳経」という経典には
たくさんの大きな数があるそうです。

計算できないほど大きな数を示して
悟りの功徳の大きさを表したようですね。

めちゃあるんで、ほんの一部たとえば、
阿伽羅、不動、無尽、無量、なんかも凄い数を表してます。
不可説不可説転が最大みたい

少数の漢字の読みがもっとお経みたいで

10のー1乗から10の-1~ー24乗までこちらは順番のとおりです。

分ぶ、厘りん、毛もう、糸し、忽こつ、微び、繊せん、紗しゃ、
塵じん、挨あい、渺びょう、獏ばく、模糊もこ、逘巡しゅんじゅん、
須臾しゅゆ、瞬息しゅんそく,弾指だんし、刹那せつな、六徳りっとく、
虚空こくう、清浄しょじょう、阿頼耶あらや、阿魔羅あまら、
涅槃寂静ねはんじゃくじょう。

前回の10のマイナス17乗は弾指

特に涅槃寂静は、
仏教用語だし煩悩の炎の吹き消された悟りの世界は、
静やかな安らぎの境地であるという意味らしいです。
諸行無常、諸法無我の事実を自覚することが、
涅槃寂静のすがただそうです。
数字としてはてしなく存在がないくらい、
ましてや目にはとうてい見えないような数字でしょうね。
無に近い静かで何にも無い状態でしょうかね。

 

あなたは、守られています、幸せになります、元気になります。

それでは、

今日もあなたにとって良い一日でありますように!

Hypnotherapy-Fata Morganaのホームページはこちら

  Hypnotherapy-Fata Morgana

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
【バイタルなび】元気と健康を応援する大人のためのポータルサイト

 

 

関連記事

コメントは利用できません。